肉の山形屋 » ブログ » 牧場

牧場

先日、弊社のお客様と牧場見学へ行ってきました^^

 

まず最初にお邪魔したのは弊社がいつもお世話になってる山下牧場さん

こちらは牧場固有のブランドの黒毛和種『九重夢和牛』をはじめ主に黒毛和種の生産・肥育を生業とされています

 

現在弊社一押しの国産仔牛、阿蘇・九重育ち『阿蘇王子』も肥育されています

 

 

 

 

仔牛たちはどの子もほんとかわいくて元気いっぱい(^_-)-☆

愛情たっぷりで育ってる証でしょうね!

 

 

こちらは種牛の[花鳥風月]君

いやいや、ちょっとデカいって(汗)
戦っても勝てる気しない・・・・でもおとなしくてとってもいい子♪
成績優秀でいい仔牛をバンバン出してるそうです!!

 

 

こちらはちょいと珍しいブラウンスイス種

乳肉両用とのことですが、その乳は特においしい乳製品になると

スイス原産ですが、たしかにスイスといえばチーズって感じですもんね

私も実物は初めて見ましたが、外人さんらしくパツキンでとってもスタイリッシュ(*^_^*)

 

 

そのほかにも数十頭の牛さんたちが飼育されてたんですが

九重の大自然に囲まれ関係者の皆様の愛情をたっぷりうけて元気いっぱいでした^^

 

ちなみに山下牧場さん、敷地内に加工設備もあり、小売りもされてます!

シーズン中はBBQ用など大人気ですと♪

 

 

 

続いてお邪魔したのは小国の高村牧場さん

 

こちらは全国でもトップクラスのジャージー種生産・肥育頭数を
誇るおっきな牧場

 

阿蘇王子もこちらで生まれ育ってます

真木よう子似の素敵な若奥様にご案内頂きました♥

 

 

 

今回の牧場見学の目的は
阿蘇王子になるジャージ仔牛を見学すること

 

ですが肉に携わる者として、いろいろと考えさせられる一日でした

 

 

肉用としてではなく、主に乳用として生産・肥育されるジャージー種

 

将来搾乳できる雌のみが肥育され、雄は生後数日で処分される現実

経済動物・産業動物と言ってしまえばそれまでですが・・・

雄は産業動物にさえなれていない

生まれても数日で無にされる

 

 

雄仔牛の現状を何とかしたい

せめて食肉として世に出してやりたい

 

山下牧場・高村牧場さんの想いからうまれた

ジャージ種仔牛オス限定『阿蘇・九重育ち阿蘇王子』

 

 

微力ながらすこしでも阿蘇王子に込められた想いを広げたいと

思っております!

 

もちろん、肉質は弊社が自信を持ってお勧めできる逸品です(^ム^)

 

 

今回お伺いした山下牧場様・高村牧場様、ご協力ありがとうございました!!!

 

 

ジャージー牛乳カフェオレを飲む弊社代表(高村牧場にて)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

掲載日:2015年10月02日

肉の山形屋へのお問い合わせ
肉の山形屋へのお問い合わせ
ページの先頭へ